テレワーク助成金

この記事をシェアする

通信費は企業が負担

近年、企業でのコンプライアンスが重要視されています。
在宅勤務についても労働基準法などが適用されるため、労働条件の明示や労働時間の確認を把握しなければなりません。
また、自宅で作業を行うためは、パソコンやWiFiなどのインターネット環境を欠かすことはできません。
電気代や通信費も必要です。
パソコン本体、マウスなどの周辺機器、スマートフォンなどは一般的には会社から貸与するケースが多いようです。
通信回線費用はどうでしょうか。
業務で使用したインタネットの経費は企業が負担しますが、個人が契約している場合が多いため、業務とプライベートを見極めるのは難しく費用の負担比率がはっきりすることはできません。
そのため一定額を負担することもあります。

レンタルWifiの申し込み方

WiFiルーターは、一般的にレンタルショップのWEBサイトから注文します。
日本国内用と海外用があるので、注意しましょう。
レンタルWiFiは、SoftbankのポケットWiFiやUQのWiMAXなど人気の端末も取り扱っています。
WEBサイトから希望端末・契約期間を入力して申し込んだら、数日で自宅に届きます。
期間が終了したら、投函して返却するのみです。
信頼できる業者を選ぶためは、サービスを提供の実績として口コミや評価の情報を確認しましょう。
価格設定も適切である方が安心です。
個人情報目的の業者の可能性もあります。
また、問い合わせができるようにサポートの連絡先の電話番号やメールアドレスが掲載されているかをチェックしましょう。