三種類の資格がある

この記事をシェアする

最も簡単な資格と言われる

三つの中で特に簡単なのは、木造建築士の資格です。
この資格があると、木造建築住宅を作れるようになります。
他の建物は作れないので仕事の幅は狭くなりますが、四年制の大学を出ている人であれば、実務経験がなくても試験に挑戦できます。
建築に関することを特に勉強していない人は、7年の実務経験を積むと受験できるようになります。

できる仕事の範囲が狭い代わりに、試験に挑戦できる条件が緩いと覚えておきましょう。
年齢制限もなく、建築士になりたい人はここから資格を獲得し、徐々に経験を重ねていくのも良い方法です。
焦らず資格の勉強を続けて、1つずつ獲得していきましょう。
最終的に難しい建築士の資格を得ることを目標にすると、やる気を出せます。

一級と二級の違いとは

二級建築士の資格を持っていると、どのような住宅でも建てられるようになります。
住宅をメインに設計をしたい人は、この資格だけでも十分でしょう。
取得するのに年齢制限はなく、指定科目を取得しており、四年制大学を出ている人は実務経験がなくても試験を受けられます。
ただし建築の指定科目を勉強できる高校を卒業しており、四年制大学に行っていない人は3年間の実務経験を積んでから試験に臨んでください。

一級建築士の資格を持つと、住宅からスタジアムまで何でも設計できるようになります。
年齢制限はありませんが、四年制大学を出たあとに2年の実務経験を積まなければ試験を受けられません。
建築系の短期大学を出ている人は、実務経験が3年から4年ほどあれば大丈夫です。