電気に関係する工事

この記事をシェアする

注意する部分がある

電気工事士の資格は、第一種と第二種があります。
第一種電気工事士の方が難しいので、最初は第二種電気工事士の資格から挑戦してください。
年齢制限がないことが理由で人気がありますが、資格免許を持つためには一定年数の実務経験が必要です。
必要な実務経験を満たしていない人は、試験に合格できても資格免許を持てないと忘れないでください。
実務経験がない人は、必要な実務経験を満たした後で資格免許を交付される仕組みになります。

試験は何歳からでも受けられますし、実務経験がない人でも良いので、早めに試験に挑戦しても良いでしょう。
もちろん第二種電気工事士の資格を持った後に、現場で学んでから第一種電気工事士の試験に挑戦する人も多いです。

勉強方法を工夫しよう

どのような方法で勉強すれば、効率良く知識を吸収できるのか考えてください。
独学で学んでも良いですし、現場に出ながらわからない部分を他の人に聞くのもおすすめです。
特に現場だとリアルな情報を得られますし、知識を覚えやすいと言われています。
わからないことを質問できる面もメリットなので、どんどん聞いてください。

最近は通信講座で、電気工事士の資格を得る人が見られます。
通信講座ならわかりやすく内容がまとめられていますし、必要なところを重心的に勉強できます。
試験対策ができるので、すばやく知識を吸収できるでしょう。
時間がない時は、この方法で勉強を行ってください。
1日30分程度でも良いので、継続して勉強を続けましょう。