ホームルーターWiFi

テレワークでは、パソコンや携帯電話など情報通信技術を活用して、オフィスに出社せずに自宅やシェアオフィス、コワーキングスペース、カフェなど場所を選ばないで働くことです。
総務省でもテレワーク関係府省や関係団体とさまざまな取組を進めています。
普及することで一億総活躍社会、女性の活躍を推進する注目度の高い働き方となっています。
現在最も多いのが、在宅勤務ではないでしょうか。
小さな子供がいたり介護が必要な方でも働くことができます。
また、働き方改革、感染症による緊急事態宣言の影響でテレワークの導入を検討している企業も増えてきています。
テレワークでは、直接やり取りすることはできませんので、会議やネットワークのアクセスなど通信が必要となります。
そのためには、自宅に通信環境や機器が必要となります。
業務でインターネットに接続する方法は、いくつかあります。
光回線、ADSLなどの固定の場合は、業務とプライベートの分け方が曖昧になっていまいます。
自宅にインターネット環境を新たに開通すると工事費用が必要となります。
無線ならモバイルルーター、SB型データ通信端末機器、スマートフォンのテザリング機能の利用ができます。
一日のテレワークでは、通常1~2GB、Skypeで1時間通信しただけでも2GB使用します。
スマートフォンで使用されるモバイル回線では、通信量や速度の面で不十分といえます。
対応するためには、Wi-Fi環境を整えなければなりません。